(前世)戦士の映画日誌

前世が戦士らしい女が映画を観て色々吐き出します

私はショーン・コネリーになりたかった

f:id:sinok_b:20201120013038j:image
前回の記事をアップした後、ふと部屋の壁を観たら、貼っていたショーン・コネリーのポストカードが剥がれて落ちていた。
「俺のこと、書かないのか?」という、亡きショーン・コネリーからのメッセージなのだと思う(たぶん違う)。
子供の頃は、コネリー版ボンドになりたかった。
そのわりに、飾ってたのは写真を見ての通り『アベンジャーズ』のオーガスト卿(※1)なんだけどねー。

ショーン・コネリーを知ったのは、間違いなくテレビ放映での『007』シリーズのどれか。
ロジャー・ムーア版もよく観てたけど、ちょっとオジさんだったし、ティモシー・ダルトンはスーツのイメージが薄くて、ボンド役としては好きじゃなかった。ちなみに二代目ボンドのジョージ・レーゼンビーは、顔が好みじゃないので私の中ではなかったことになっている(すごく失礼)。
どのボンドよりも、ショーン・コネリーが一番タフでハンサムでスーツが似合って、カッコよかった。そういうヒーローが大好きだった。

ところが、映画館でリアルタイムのショーン・コネリーを観た時に、私の中で価値観の大変動が起こったのだ。

映画館で初めてショーン・コネリーを観たのは『薔薇の名前』(※2)で、中学1年生の頃。もちろん、目当てはショーン・コネリー
私、10歳になるかどうかって頃には、親が気乗りしない映画は、貯めたお小遣いでこっそり一人で観に行っていた子供(※3)で、これも親は興味なかったので、一人でコソコソ観に行った。

この映画での、バスカヴィル修道士役の衝撃といったら!
ボンド的なカッコ良さは(特にビジュアル)一見ない。その代わりに感じるのは、にじみ出る知性、人生経験から磨かれた気品、何があっても大丈夫と思わせる頼り甲斐。
そして何より、全部わかっているよと言わんばかりの、染みいるような微笑み。
「笑顔」じゃないの、「微笑み」だからね!(なんの主張だ)

この時、私の中で若い頃に色々あったらしい男がジジイになると何もかもがカッコいい」という、評価基準が確立してしまったのだ。
思春期の女子中学生にとって、致命的だろ、これ

しかも、この評価基準は万国共通だったらしく、この手の役柄と言えばショーン・コネリーと言わんばかりの映画が作られ、『薔薇の名前』のように、彼が若者を導くような役も多かった。
これがまた、痺れるほどにカッコいい。
おかげで、私にとっては、クリストファー・ランバートもマーク・ハーモンもケビン・コスナーニコラス・ケイジも、みーんな若造認定(※4)。
ハリソン・フォードさえも、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』で格下げに。

そういえば、ショーン・コネリーは『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフ役のオファーを断っていたらしい。
もし受けてたら、出演者全員、若造認定してたね、クリストファー・リー以外(※5)。
あ、出演してたら、ガンダルフショーン・コネリーvsサルマンのクリストファー・リーが観られたのか!
これ、実現してたら映画史に残る名勝負になったはず!
そこをちゃんと説明してオファーしろよ、ばか!(理不尽)

そんな私にとってキング・オブ・ジジイである、ショーン・コネリーが引退して、もう10年を超えた。彼のいない映画界にも、すっかり慣れてしまっていた。
だから2020年の今、彼の訃報を聞いても動揺することもない。

ただ、ふと気づいたのだ。
好きな男性俳優や有名人は、たくさんいる。
でも、もし男に生まれていたらあんなジジイになりたい、とまで思ったのは、ショーン・コネリーだけだったと。
アベンジャーズ』を観てから20年以上経つ。その間に住まいは4度も変わったけど、私はいまだに、彼の写真を飾っている。

 

※1 マーベルとは何の関係もない、1998年のポップなスパイ映画。ショーン・コネリーが悪役な上に、キルト姿を披露してくれて素敵。私は好きな作品なので、大コケした理由がいまだにわからない。

※2 中世の修道院が舞台のミステリー。まだ可愛いかったクリスチャン・スレーターが、見習い修道士役で共演。

※3 初めて一人で観に行った映画はジャッキー・チェンの『ドラゴン特攻隊』。当時ジャッキーが好きで、内容も知らずに観に行った。昔の映画館はおおらかだったな……。

※4 全員、私より年上。さすがにそろそろ、認定取り消してもいいかなと思うが、ニコラス・ケイジだけは取り消す必要性を感じない。

※5 クリストファー・リーは永遠にドラキュラ伯爵だから、若造認定はありえない。

『ワイルドバンチ』どん詰まり気分を皆殺しに(ネタバレあり)

 f:id:sinok_b:20201117220115j:plain
今年は本当に仕事が地獄巡り状態なのだけど、それなのに前回書いたとおり、楽しみにしていた『ランボー ラスト・ブラッド』で逆にメンタル崩壊してしまい。
その壊れた状態で、この夏、狂ったように何度も観ていたのが『ワイルドバンチ』。
1969年の西部劇で、監督は暴力描写の代名詞 サム・ペキンパー

舞台は1913年のメキシコとテキサスの国境沿い。主人公パイク率いる強盗団は、銀行を襲うも保安官&賞金稼ぎと銃撃戦になり、メンバーの若手エンジェルの故郷メキシコへ。
ところがエンジェルの恋人が、マパッチ将軍とその部隊にさらわれたと知り、パイクたちは部隊に乗り込むも、エンジェルが暴走したり列車強盗する羽目になったりマパッチをはめようとして失敗したり、何だかんだで、最後はパイクたち4名とマパッチ部隊数百名との激しい銃撃戦になる……という。

これを全編通して観るのはもちろんのこと、ラストの壮絶な銃撃戦を何度も繰り返して観てたわけ
そんなヒマがあるなら病院行けよ、って病みレベル

激しい銃撃戦が見たければ、他にも映画はある。ベタなところで『ヒート』(※)とか。
ただ、パッと思いつくような映画って、主人公は一応「何か」のために戦っている。正義とか家族とか信念とか、悪党でも悪党なりの軸がちゃんとある。

でも『ワイルドバンチ』のパイクたちには、そういう「何か」ってのがなくて、結構ふらふらしてるのだ。
一番若いエンジェルだけは、恋人とか反政府運動とか行動に理由がちゃんとあるけど、パイクはねえ……。

1913年って、銃が法律みたいな無法者時代が終わる頃。パイクたちのような強盗団なんて生きづらくなっていて、何よりパイクは年もとった。手下の制御もうまくできない。
引退したくて最後に大勝負に出たけど成果はなく、逃げた先では巨悪が幅を利かせていて面倒なことになるばかり。

そもそも、パイクは引退したいというけど、その引退生活のしっかりしたイメージがあるわけじゃない。
「定年後は趣味をみつけて楽しみたい」とか言ってる会社員より、見通しがない
このとき、パイク演じるウィリアム・ホールデンは50歳くらい。パイクの年齢も同じくらいと考えると……。
なんかちょっと、わかる歳になってきてんだよ、私ーーーーーっ‼

うちの会社、マズい空気がぼんやり漂っていて、私はリストラ対象年齢に達してるよなと思うと、ちょっと背筋が冷や冷やしている(過去に2度リストラがあったが、若かったので他人事だった)。
転職が頭をよぎるけど、年齢は気になるし、20年以上も同じ会社で働いてると、自分がよそで通用する人材なのか判断できないし。

今の時代、歳はとっても、次のステージに向けてアクションを起こすことは可能だと、頭じゃわかっちゃいる。
ただ、目先の仕事に体力とメンタルをゴリゴリ削られてしまっていて、ずるずる押し流されてしまっている。
でも押し流されてても楽ではないし、土砂に埋まっていく気分になるだけで。

だから、流れ流れてどん詰まりのパイクが、最後の最後、マパッチを皆殺しにしながら自らも倒れる姿に、思い切りシンクロしてまう。
戦ったところで何も生まないし、生む気もないし、ホントに何にもならない。
でも、終わらせることだけはしてやったぜ!
ざまあみろ、へっへー!

今思えば、仕事に追い詰められてて、終わらせたかったんだろうなあ。強制的に。何もかも。
もう嫌、無理、やってらんね、って時に、信念とか正義とか共感するのは難しい。
夏の私は、ただただ、終わるためだけの銃撃戦が欲しかったのだ。

アル・パチーノロバート・デ・ニーロがW主演した犯罪映画。監督はマイケル・マン。10分以上もある激しい銃撃シーンが有名だけど、死亡率は意外に低い。

 

『ランボー ラスト・ブラッド』ストレス解消にならないメンタル地雷映画(ネタバレあり)

f:id:sinok_b:20201115225153j:plain

※この記事は別名義で「note」に投稿した記事の改訂版です。もしあなたが両方読んでる方なら、すんごいご縁ですね、ありがとうございます。

少々前だけど、会社指示の3ヶ月のステイ・ホームが明けた7月のこと。
増えるばかりの仕事、報告のためだけの不毛な仕事、IT音痴のエライさんたちのための仕事で、心身ともに戦い疲れた私が、まずやったことが『ランボー ラスト・ブラッド』を観に行くことだった。
予告編でランボーが人を殺しまくってる姿に、現実のストレス源への怒りを投影してしまい、観たくて観たくて仕方がなかったのだ。

ただランボーシリーズって、実は最初の『ランボー』以外はもろ手を挙げて好きだというわけではなく。
2作目の『ランボー/怒りの脱出』以降は、ランボーのキャラクター設定に全然ノれないんで。『ランボー』でのベトナム帰りの哀しさはどこにいったんだよ、と(※)。
まあ好きでなくても、結局は戦闘シーン目当てに全作観ている訳だけど、その程度のランボー鑑賞者の私でさえも、前作『ランボー/最後の戦場』のラストで、ついに故郷に帰ったランボーの姿に「ああ、良かった」と思ったものだ。

ラスト・ブラッド』でのランボーは、故郷の農場で暮らし、血縁ではないが家族もできて、PTSDに苦しみつつも折り合いをつけながらなんとか穏やかに生きていた。
それなのに養女が人身売買組織に連れ去られてしまい、彼女を助けるべく再び戦いに身を投じる……というあたりまで事前にチェックして映画館へGO。

さて、さらわれた養女、人身売買組織で受ける仕打ちが酷すぎて、観てるこっちも殺意しか湧かない。だからランボーが命懸けで助け出す姿に感情移入してしまうのだけど、やっとこさ救出したのに、なんと彼女はランボーの腕の中で死んでしまう。
これが映画の冒頭30分くらいでのことならともかく、話が半分以上進んでからのこの仕打ち。
ここまでひっぱったなら、廃人同然でもいいから命ぐらいは救おうよ

そしてランボー、故郷の農場も復讐作戦のために破壊。最後は傷ついた体のまま、馬で去っていく。
全てを失うとはまさにこれ。失ったものの為に戦うという話ではなく、ランボーが大事なものを失っていく話だったわけだ。
もうね、それならいっそ殺してあげて。これでランボー、どうやってこの後、生きていくのよ。
ランボーが生きていけても、私が無理

この救いのない映画が、私に与えたダメージは大きかった。
ランボーが憎い奴らをグシャグシャに切り刻むのを観てスッキリするつもりが、戦いの先には結果もカタルシスも救いもなくて、傷しか残らない。
何のために戦う?
戦ってどこへたどり着く?
このまま戦い続けて、何が残るっての?
このまま戦っても報われないんじゃないか?
と、悶々と。
私はそんなこと考えたくて、この映画観たんじゃないのよー!(言いがかり

多分、メンタルが正常値なら、ダメな部分を脳内カットして憎い奴らをグシャグシャにするシーンだけ楽しむとか、上手にスイッチを切り替えられたと思う。
でも弱っていた私は、うっかりノーガードでランボーワールドに没入してメンタル崩壊。
ストレス解消にも何にもならず、社畜の戦いは不毛の荒野でまだまだ続くのだった……。

※   一作目の『ランボー』はベトナム帰還兵だった主人公が、アメリカで差別と偏見から警察に追われる姿に悲しさが漂う。ところが2・3は戦友や上官を救うためとはいえ、国家にいいように使われている感があり、微妙。でも戦闘シーンは燃える。

 

 

 

映画と関係ないが私の前世は戦士らしい

こんにちは、しのぶです。
生まれて半世紀近く経った、九州産の♀です。

 

「どんな映画が好き?」と聞かれたら「他殺体の出る映画」と答えることにしています。
子供のころからロボットアニメとジャッキー・チェンが好きで、そこからアクション、戦争、スリラー、サスペンス、ホラー等々、何かと戦ったり殺人犯を追ったり追われたりする映画が大好物な大人になっちまいました。

二年程前のこと、ふとしたご縁でお会いしたスピリチュアルカウンセラーさんから、前世は戦士と言われました。いろんな時代にいろんな場所で、何度も何度も男性×戦士として生まれては、国や人々や正義や信念のために戦ってたとのこと。
一番古い生まれはフェニキアだって。
紀元前ですよ、青銅器時代ですよ、地中海ですよ!
なんか燃えるわー!(落ち着け)

今の私が、戦う映画が好きなのも、ラグビーの激しさが好きなのも、ワーカホリックなのも、前世の戦い癖が影響しているそうです。
ただ、今世では力で戦わなくていいように女性に生まれたんですよーと、そういう話を聞きました。

 そう思うと何だか腑に落ちた上に生きやすくなったので、一瞬頭をよぎった「そもそも前世や輪廻転生ってあるんかい?」という疑問は、ベランダに放置
結局のところ、ホントかどうか検証する術はないので、私が楽になればそれでいいのですよ。

 そんな話をわざわざブログ名にしてまでネタにしているのは、単なる戦う映画好き女の言い訳です(見苦しいわ!)。
そしてこのブログは、こういう女が映画を見るとどうなるか、という自分の生態日誌のつもりで書く予定。

どうぞよろしくお願いします。